守谷宗光

刃物メンテナンスについて

_DSC0025-m

刃物心得

「使用上の注意」
包丁にはそれぞれの用途に専用の包丁があり、それに応じた使い方が必要です。刃の薄い包丁で、冷凍品や硬い骨などを無理に切れば刃が欠けたり折れたりす るのは当然です。又、出刃のような刃の厚い包丁でも、叩き切ったり、横へひねったりすれば同じことです。正しい用途で正しく使えばトラブルは起こりませ ん。

「包丁の手入れ」
ご使用後は、手を切らないよう気をつけて、スポンジなどで洗ってください。刃の部分はもちろんですが、汚れがたまりやすい柄の付け根部分も使い古しの歯 ブラシ等で磨けばきれいななります。又、わりと目立ちませんが、柄も汚れますので、忘れずに洗ってください。錆びやすい包丁とか、たまにしか使わない包丁 は水分をよくふき取ってサビ止め油(なければサラダオイル等でよい)を付けて湿気の少ない所に保管してください。

「研ぐ」
 どんなに良い包丁でも、使っているうちに切れ味は必ず落ちてきます。簡易砥石(当店のポール砥石のようなタイプの砥石)でタッチアッ プすれば、しばらくは切れ味が回復します。しかし、そのうち簡易砥石ではまかなえなくなります。そうなれば、通常の砥石で研がなければなりません。研ぎ方 は別の項でご説明いたしますが、当店でも刃の磨耗、刃欠け、変形の修理等、承っております。包丁は使い方と手入れにより、とても永く使うことができます。 お買い求めは信用ある専門店で良い物を求められることをお奨めします。

包丁の研ぎ直し

研ぎ直しをご希望のお客様の包丁 現状/ハガネ部分のサビ/刃欠/柄の付け根部分の汚れ/柄の汚れ

研ぎ直しをご希望のお客様の包丁
現状/ハガネ部分のサビ/刃欠/柄の付け根部分の汚れ/柄の汚れ

メンテナンス後 サビを落し、柄の付け根、柄の洗浄をした後、刃欠を修正し、研ぎ直しました。

メンテナンス後 サビを落し、柄の付け根、柄の洗浄をした後、刃欠を修正し、研ぎ直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研ぎ直し前のサビ、刃欠の様子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

研ぎ直し前のサビ、刃欠の様子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

研ぎ直し後の同じ部分 当店の包丁はメンテナンスをすればとても永く使えます。

研ぎ直し後の同じ部分 当店の包丁はメンテナンスをすればとても永く使えます。